学生ローンの軌跡

学生ローンの誕生

学生ローンの歴史は今からおよそ40年前に、東京は新宿区の高田馬場という街で誕生したのがはじまりと言われています。
創業当事は全くお客が入らず、ただ店を開けているだけという状態がかなりの期間続いたものです。
開店当事の学生ローンは知名度も無く、「怖い」というイメージが付きまとったという背景もあります。
その後の学生ローンはキャンペーン等をふんだんに取り入れ、宣伝活動に精を出しました。
路上にのぼり旗を出しては警察に注意されるという日々も続きました。
そうこうしているうちに利用客からの「紹介」というものが増え、やがて学生ローンは次第に賑わうようになるのです。

口コミによる拡大
学生さんの口コミの威力は凄まじいものがあります。
「高田馬場に行けば学生でも借りられるキャッシング会社がある」と言う事で、瞬く間に噂は広がり、連日学生ローンの窓口は学生さんたちでいっぱいになりました。
学生さんたちの口コミパワーは驚異的なものがあります。
よく学生ローンとマルチ商法等の関連が問題となりますが、マルチ商法も口コミによって拡大していきます。
マルチ商法の被害もこのような学生さんの口コミパワーが影響するのでしょうか。

学生ローンの軌跡