学生ローンの軌跡

〜学生ローンの誕生〜

学生ローンの軌跡 学生ローンの誕生 学生ローンの電子化
学生ローンの管理 学生ローンの問題点の軌跡 問題点の軌跡-A
学生ローン探求 学生ローンの軌跡-携帯ホームページ
 
■学生ローンの誕生

学生ローンの歴史は今から遡ること40数年前、東京、高田馬場で小さな学生専門の消費者金融からはじまりました。
学生ローン誕生前では、学生さんが融資を受ける事自体が困難であり、学生でも融資が受けられるローン会社はないものかと探すのに苦労したものです。
当事は今のようにインターネットはありませんでしたので、NTTの番号案内などでローン会社を片っ端から調べ、電話をかけては断られ、またかけては断られ・・という学生さんが多くいました。
そういった「市場」がある以上、学生ローンが誕生したのもごく自然の事だったのでしょう。
現在では、こちらの学生ローンのように、誕生寺から現在に至るまで、30年以上も継続している学生ローンの会社が多数あります。

■口コミによる拡大
学生ローンの発足当時は様々な問題があり、なかなか顧客の獲得ができずに四苦八苦する日々が続きました。ある程度は想定内としても想定を超える月日が経つにつれ、学生ローン専門店の経営は無理があるのではないか・・当時を知る学生ローンの関係者は皆誰もがそう思ったのではないでしょうか。
しかし、次第に利用者が増えると、学生さんの口コミの威力を思い知ることになるのです。
紹介客が次第に増え、学生ローンの店内は学生さんたちでいっぱいに埋め尽くされるようになりました。友達を紹介すると「紹介料」なども貰えるサービスなども功を奏したようです。

■学生ローンの誕生で学生生活に変化が生まれる
当事の学生生活のスタイルといえば、アルバイトをしてお金を貯めて、ある程度目標に達したら旅行に行ったりほしいものを買ったりするというパターンでした。
とにもかくにもまずは「お金」なのです。
したがって、お金がなければやりたいことは諦めるしかなかったわけですが、学生ローンの誕生によって、そのスタイルは180度違うものとなったのです。
お金を借りて先に旅行に行く、先にほしいものを買って後からローンの返済をしていく、このような形が学生さんの間で定着するようになり、もはや学生ローン抜きでのキャンパスライフはありえないほどまでになっていきました。
「お金を借りる」=「時間を買う」という新しいスタイルが、現代社会においても受け継がれているのです。